天竜舟下り 「丸太いかだ」で初下り~来シーズンの営業目指し~

地域の話題

[ 2013年 10月 11日 金曜日 15時31分 ]

 飯田市松尾新井の天竜舟下り(杉本忠社長)は10日、丸太いかだで初めての川下りを行った。来年夏には改良を重ねて一般客向けのいかだ下り体験も計画しており、舟、ラフティングとともに天竜川を楽しむ新たな手段となりそうだ。

 同社は昨年舟頭有志により、河川周辺の環境整備で伐採した竹を利用し、竹いかだを作成。ことしの時又灯ろう流しにはイベント的ないかだ下りを行い、見物客に好評だった。

 いかだは舟やボートに比べ、緩やかだが目線が低く、波や水しぶきを間近に感じられる面白さがあるという。竹いかだは劣化が早いため、より耐久性のある丸太を選び、南信濃の間伐スギを利用して杉本社長が手作りで製作した。

 完成したいかだは長さ約4メートル、幅1・6~1・8メートルほど。3艘あり連結して川を下る予定だ。立ち乗りができるよう手すりもつけられた。今後、試し乗りを重ねて改良を加え、運輸局の検査を経て定員を定めて営業運転を目指す。

 この日は、3艘のうち2艘を連結し、弁天港から初めて川下り。前回の竹いかだとともに時又港までの船旅に出発した。杉本社長は「かつては天竜川を使って材木を運んだ歴史もある。いかだは舟と違って身近に水を感じられる。天竜川を楽しむ新しい手段になれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01