天龍峡そば祭り開幕、下農生考案の鹿肉料理も提供

地域の話題

[ 2013年 10月 21日 月曜日 15時25分 ]

 天龍峡そば普及組合(関島友弘組合長)による「天龍峡温泉若返りの湯・天龍峡そば祭り」が19日、飯田市川路の天龍峡温泉交流館で始まった。地元産のそばを内外にPRしようと、そば御膳など4品のメニューで11月24日まで迎える。下伊那農業高校のアグリ研究班が考案した鹿肉メニュー2品も提供している。

 川路地区の有志9人で構成する同組合が、同地区内など計4ヘクタールの遊休地で育てたソバを利用。初日は午前中にそばを打ち、午前11時のオープンとともにざるそばやとりそばなど4品の提供を始めた。

 今回は新たに、下農の2、3年生6人でつくるアグリ研究班が考案したシカ肉ギョーザとシカ肉ハヤシ「カ」ライスの2品も販売している。

 ギョーザは昨年、阿智村のB級グルメコンテストに出品したものを改良し、天龍峡産のそば粉を皮に加えた。ハヤシカライスは下農産のナシやリンゴで肉の臭みを抑え、タマネギとトマトを加えたレシピだ。

 生徒たちは3月から同組合と交流を重ねており、期間中はイベントが重なる一部を除いて、3年生5人が運営に参加。前日の下準備から当日の調理、接客までを受け持つ。

 班長の女子生徒(17)は「鹿肉を炭酸水に漬けたり、焼くときにごま油を使うなど、臭みを押さえる工夫をした。ジビエ活用策として紹介することで、猟師や林業のみなさんの活性化につながればうれしい」と話した。

 イベントは交流館の周知と地域再生の起爆剤にと、3年前から同組合が開いている。

 市議会が市の事業としての同館廃止を提言したことを踏まえ、事務局長(68)は「これだけしっかりした施設は地域の拠点になりうる。若い高校生たちの力を借りながら、交流館の維持存続のためにも力を尽くしたい」と話していた。

 そば祭りは11月24日までの毎週土・日曜日・祝日の午前11時から午後2時まで。26日は会場内で「2013ハロウィンin天龍峡」を開催する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞