天龍峡のソメイヨシノ開花

地域の話題

[ 2018年 3月 27日 火曜日 16時44分 ]

開花した天龍峡のソメイヨシノ

 飯田市川路の天龍峡で基準木のソメイヨシノが咲き、天龍峡温泉観光協会は26日に開花を宣言した。

 日本気象協会は1、2月の冷え込みと21日の積雪の影響で開花予想を29日としていたが連日の好天で気温が上がり、昨年より10日早い開花となった。

 天龍峡ご案内人の内藤英里さん(48)によると、桜は正午ごろにはまだつぼみの状態だったが「1、2時間ほどで一気に花が咲いた」という。

 天龍峡では24日に天龍峡第一公園の樹齢200年のシダレザクラが開花。他にもヒガンザクラやヤマザクラなど数種類の桜が4月下旬ごろまで楽しめる。

 また、7、8の両日には温泉交流館「ご湯っくり」でオープン1周年記念のさくら祭り、15日には天龍峡花祭りやハーフリレーマラソンが開催されるなど、桜のシーズン中さまざまなイベントが予定されている。

 内藤さんは「桜は開花宣言から7~10日ほどで見ごろを迎える。この時期は桜以外にもツツジやヤマブキなどの花も見られるのでぜひ足を運んでほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio