姑射橋で「天龍峡をどり」開催 飯田市天龍峡

地域の話題

[ 2014年 9月 9日 火曜日 10時11分 ]

 ことし名勝指定80周年を迎えた飯田市天龍峡の姑射橋に龍峡小唄の正調踊りの輪を広げる「天龍峡をどり」が6日、開かれた。浴衣姿の参加者らは振り出した雨にも負けず、伝統の踊りを楽しんだ。

 開会直前に雨が振り出したものの、特徴の一つでもある歌と三味線による生演奏が天龍峡一帯に響き渡ると、牧野光朗飯田市長を先頭に傘をさして待っていた参加者らも姑射橋上に集まり始め、踊りの輪を広げた。

 ことしは同正調踊りを学んできた阿島民謡保存会が民謡を披露。花火も本数を増加して峡谷の夜空に打ち上げられた。龍江側で行われたこども縁日には食べ物屋台やゲームコーナーがずらりと並び、近隣から訪れた親子連れなどでにぎわった。

 先人が天龍峡を世に広めるためにつくった「龍峡小唄」を伝承していく場づくりと天龍峡のにぎわいを取り戻そうと、地域の願いで2010年に天龍峡盆踊りとして復活。現在は「天龍峡をどり」と名を変えて行っている。

 主催した天龍峡観光開発整備推進協議会の西尾久仁男天龍峡温泉観光協会長は「文化継承、次世代に伝えようと定着を目指して企画し4回目。ことしは名勝指定80周年の節目でもあり、県内外に広く情報発信していきたい」と話した。

 この日を皮切りに、天龍峡一帯は秋の観光シーズンに入る。そば祭りやテント市、ハロウィーン、秋の祭典など11月までイベントを連続で開催していく予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52