天龍峡周辺住民らが美化活動

地域の話題

[ 2015年 3月 26日 木曜日 9時32分 ]

 春の観光シーズン到来を目前に控え、飯田市の観光地、天龍峡周辺の住民らが24日、一帯の美化活動を行った。川舟に乗り込み、普段は手の行き届かない岸辺などでも作業し、観光客を迎える準備をした。

 天龍峡温泉観光協会と龍江地域づくり委員会、川路まちづくり委員会で構成する天龍峡観光開発整備推進協議会(関島雅直会長)が20年ほど前から毎年この時期に開いている。

 今回もメンバーら約20人が参加。2班に分かれ、河川清掃と春祭りの開催を伝えるのぼり旗の設置作業をした。

 このうち清掃班は、ライフジャケットに身を包み、天龍峡温泉港から天龍ライン下りの舟に乗船。姑射橋周辺を経て飯田線の鉄橋付近まで約5キロの区間でごみ拾いをした。

 舟で移動しながら、実際に川下りの客が目にする景観の中に落ちているプラスチックごみなどを収集。時折小雪が舞う肌寒い時間帯だったが、足元に注意しながら熱心に手を伸ばした。

 ごみのほとんどは上流から流れ着いたもので、ビニール袋やペットボトルなどが大部分。ただ、家庭でのごみの分別が進んでいることから、観光協会の竹村公秀副会長は「かつてに比べれば、だいぶ少なくなっている」とした。

 同港付近では、100本植樹のきっかけになった早咲き桜「春めき」が早くも満開に。川路まちづくり委員会の橋本国雄副会長は「どこよりも早く咲く桜として、天龍峡観光の目玉の一つになってくれれば」。竹村さんは「ことしも美しい天龍峡で大勢を迎えたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01