天龍村 ブッポウソウが産卵 巣箱内部をライブ中継

地域の話題

[ 2016年 5月 26日 木曜日 16時30分 ]

 渡り鳥のブッポウソウを村鳥に指定している天龍村でことしも営巣活動が始まり、庁舎屋上に設置した巣箱で産卵が確認された。巣箱内にカメラを設置して、庁舎内のモニターで内部の様子を確認することができ、役場に訪れた人たちを楽しませている。

 国の絶滅危惧種に指定され、県天然記念のブッポウソウを保護しようと、各地に巣箱を設置して保護活動を展開している同村。本年度も天龍小学校児童でつくる「天龍みどりの少年団」が巣箱を作って村内各所に設置した。

 庁舎屋上の巣箱内にはカメラを設置し、産卵からふ化、7月の巣立ちまでの様子を庁舎内のライブモニターで観察できるようにしている。

 ことしは1日に飛来を確認し、22日夕に卵1個を産卵。24日夕には2個目を確認した。昨年、一昨年は各5個を産卵していることから、同役場では「さらに卵を産む可能性はある」と期待を寄せている。

 庁舎付近を仲良く飛び回るつがいを撮影しようと、徐々にアマチュアカメラマンも訪れ始めている。役場横の自慶院住職(64)は「2日おきに産卵し、産卵が終わると温め始める。これまでのデータではふ化は6月中旬ごろ。元気に大きくなってもらいたい」と話した。

 一方で「デリケートな鳥のため巣箱に近づきすぎたり、違法駐車などしないようマナーを守って観察してもらいたい」(村役場)と呼び掛けている。

 ブッポウソウは夏鳥としてユーラシア大陸から渡る。ハトより少し小さく、青緑色の美しい色彩と長くてしなやかな翼が特徴で、飛翔昆虫類を空中で捕食するため、高木や高い橋脚がある場所を好む。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞