天龍村「おきよめの湯」が豊橋へ出張、私立高の学園祭に

地域の話題

[ 2010年 10月 6日 水曜日 14時49分 ]

 天龍村神原の村営温泉施設「おきよめの湯」が3日、愛知県豊橋市の設けられた足湯として人気を集めた。PRを兼ね、村がタンクローリーで温泉水を運び、実現。大平巖村長は「村の観光振興につながってほしい」と期待を寄せた。

 おきよめの湯が出張したのは、豊橋市の私立桜丘高校。学園祭の目玉にと生徒たちが企画し、同校の教諭が知人を通じて天龍村に照会。「PRの好機」と位置付けた村が快諾し、無償提供を決めた。

 村は数日をかけて準備をし、村内で利用しているタンクローリーを活用して4000リットルを輸送。学校と村をつないだ同村出身の池田耕二さん(62)の依頼を受けたおきよめ温泉協議会長の村松克一さん(45)が4つの浴槽を製作し、学園祭で各所に設置して「南信州天龍村おきよめ温泉・さくらの湯」と命名した。

 会場では「体が休まる」と人気に。本格的な温泉成分に驚く人もいて、村側も「十分アピールできた」と胸を張った。

 同行した大平村長は「県は違えど、高校生の願いとあってどうしても協力したかった。隣接する中京圏からの誘客が村の観光振興の最大のテーマ。今後もさまざまな機会をとらえてアピールしていきたい」と話していた。

 おきよめの湯は、アルカリ性単純温泉の泉質で、ほどよいしっとり感が残るとして人気を得ている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞