天龍村で伝統の柚餅子づくり始まる

地域の話題

[ 2011年 11月 30日 水曜日 15時52分 ]

 天龍村坂部で28日、ユズを使った保存食「柚餅子(ゆべし)」の製造が始まった。集落に伝わる伝統の味を守る住民らが、ボランティアとともに共同で作業。甘酸っぱい香りを漂わせながら、特製みそをたっぶり詰め込んだ。

 ことしも坂部集落にある柚餅子生産者組合の生産工場で作業をスタート。関京子代表(76)や親族、近隣住民らが集まり、白衣姿で調理にあたった。

 直径7―8センチの果実を8対2の割合で輪切りにして果肉をくり抜くと、皮の器が完成。その中にみそやゴマをまぜ合わせた特性の「練りみそ」を詰め込み、刻んで食べる際に種のように見えるようにと、クルミも入れて皮の蓋(ふた)をかぶせた。

 蒸し器に入れて約2時間。あめ色に染まるまで蒸した後は、縁側などで3―4カ月ほど日陰干しして乾燥させる。

 ことしは果樹がたくさんの実をつける「なり年」。工場には村内各所から質の高いユズが次々と運び込まれている。

 体調を崩し、生産の断念も考えたという関代表は「良いユズが育っているのを見て、意欲が湧いてきた」と話し、前年を1000個上回る6000個を出荷目標に掲げる。「過疎といわれるが、柚餅子をつくることで地域が明るくなるから」。

 ことしも地元の小中学生をはじめ、県内外各地から大学生やボランティアが駆けつけて作業を手伝う。生産作業は2月まで続き、出荷は4月ごろから。すでに予約が殺到しているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞