天龍村で伝統の柚餅子づくり始まる

地域の話題

[ 2011年 11月 30日 水曜日 15時52分 ]

 天龍村坂部で28日、ユズを使った保存食「柚餅子(ゆべし)」の製造が始まった。集落に伝わる伝統の味を守る住民らが、ボランティアとともに共同で作業。甘酸っぱい香りを漂わせながら、特製みそをたっぶり詰め込んだ。

 ことしも坂部集落にある柚餅子生産者組合の生産工場で作業をスタート。関京子代表(76)や親族、近隣住民らが集まり、白衣姿で調理にあたった。

 直径7―8センチの果実を8対2の割合で輪切りにして果肉をくり抜くと、皮の器が完成。その中にみそやゴマをまぜ合わせた特性の「練りみそ」を詰め込み、刻んで食べる際に種のように見えるようにと、クルミも入れて皮の蓋(ふた)をかぶせた。

 蒸し器に入れて約2時間。あめ色に染まるまで蒸した後は、縁側などで3―4カ月ほど日陰干しして乾燥させる。

 ことしは果樹がたくさんの実をつける「なり年」。工場には村内各所から質の高いユズが次々と運び込まれている。

 体調を崩し、生産の断念も考えたという関代表は「良いユズが育っているのを見て、意欲が湧いてきた」と話し、前年を1000個上回る6000個を出荷目標に掲げる。「過疎といわれるが、柚餅子をつくることで地域が明るくなるから」。

 ことしも地元の小中学生をはじめ、県内外各地から大学生やボランティアが駆けつけて作業を手伝う。生産作業は2月まで続き、出荷は4月ごろから。すでに予約が殺到しているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34