天龍村で冬至梅が開花

地域の話題

[ 2014年 1月 31日 金曜日 9時42分 ]

 県内に春の到来を告げる村として知られる天龍村で29日、冬至梅が開花した。神原地区の国道418号線沿いに並ぶ木で、3月ごろまで花を楽しめるという。

 開花したのは龍峡小梅の産地として知られる鶯巣地区の南、天竜川に面した同国道沿いの冬至梅。茶摘み歌の伝承者としても知られる同村中井侍の農業、羽田野七郎平さんが20年ほど前に植え、管理し続けている。

 ことしに入ってほころびはじめ、29日に数輪が開いた。昨年に比べると20日ほど遅い。

 2月16日に村内一帯で開かれる天龍梅花駅伝では、ランナーたちを満開で迎えることができそうだ。

 冬至梅は、12月下旬の冬至から2月にかけて咲き始める早咲き梅の一種。天龍村は最南にあることから、ロウバイやカンザクラ、ウメ、ソメイヨシノなどが毎年、県内で最も早く開花して春の到来を告げる村として知られている。

 ことしはこのところの寒さで、それぞれの花の開花進行が遅れ気味。JR伊那小沢駅のカンザクラも、まだまだ蕾が固い状態だという。

 村は「ことしも多彩な花をはじめ、自然を満喫できる村として、多くの方に足を運んでいただければ」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん

8月21日火曜日17:48

高森町 「御大人形」がお目見え 六大学野球オールスター戦をPR

8月21日火曜日15:27

三穂小「力を結集する2学期に」 飯伊各地で始業式

8月21日火曜日15:40

記録更新へ力を発揮 陸上の飯伊選手権大会

8月20日月曜日15:34

食べて飲んで至福の1日 「飯田丘のまちバル」盛況に

8月20日月曜日15:06

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01