天龍村どんぐり学園が書道教室 大平村長が手本示す

地域の話題

[ 2016年 1月 28日 木曜日 13時51分 ]

 天龍村神原のどんぐり向方学園(中野昌俊学園長)で26日、新春恒例の書道教室が開かれ、児童・生徒らが筆を取り、和の伝統に触れた。ことしも、書家として知られる同村の大平巖村長が受け持ち、筆遣いの基本や文字を書くことの楽しさを伝えた。

 村長の書道教室は9年目。体育館を会場に開き、小学生6人、中学生6人の計12人が参加した。

 最初に大平村長が筆の特徴や進める向きによって太さが変わること、自分の字の特徴を伸ばすことが大切なこと、基本的な筆遣いなどを指導。児童・生徒たちは、村長自身が学年別に用意した「運命の岐路」「初日の出」「若水をくむ」など30種類余のお手本の中から、好きな文字を選び、半紙で練習を重ねた。

 村長は一人一人をめぐり、バランスのとり方や筆の持ち方を指導。子どもたちは慎重に筆をとり、うまく書けた作品に学年と氏名を入れた。

 村長は1メートル四方の紙に大筆で書くパフォーマンスも披露していた。

 中学2年生の男子生徒(14)は「初めて書道をしたが、楽しかった。きれいに書けてうれしかった」と話した。

 地域の全てを教材と位置付けている同学園。村長をはじめ、近隣の住民ら多数の専門家を迎えて講座を重ねている。

 大平村長は「基本を抑えつつも、それぞれの個性を生かして自分しか書けない文字を伸ばしていくことが大切」と強調していた。

 児童・生徒の作品は村の書道展に出品する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞