天龍村の若手林業家がグループ発足

地域の話題

[ 2019年 12月 21日 土曜日 14時23分 ]

 「森林の資産価値を高め、林業を持続可能な産業として未来につないでいきたい」。そんな思いを共有する天龍村の若手林業者らが、研究グループを立ち上げた。木材供給以外の収入源を確保して森林整備を進めるとともに、若者の関心を高めることも狙う。まずは林地残材の薪材活用を目指す。

 自伐林家で発起人の村松怜さん(38)によると、林業の現状は補助金で成り立ち、「木材供給以外の仕事をすると、やればやるほど採算が合わなくなる」。このため、立木を丸太にする際に出る枝葉や梢端、間伐材などは、森林外に搬出されず林地に放置されているという。

 グループは、大量の林地残材に着目。森林所有者の合意を得ながら、需要が伸びている薪材としての活用を目指すことにした。

 さらに、森林でのツリークライミングや薪割り、薪を使ってのバーベキューなど「体験」を商品とする構想も描く。メンバーらは「ツリークライミングや薪割りなどは間違いなく『インスタ映え』する。若者や女性の関心も呼べるはず。発信力の高い層を味方につけられれば」と期待。イベントの企画や受け入れ体制の構築も視野に入れる。

 まずは、県の補助金を活用して薪の生産、販売体制を整備する計画。将来的にはNPOを立ち上げ、イベントの開催など活動を広げていく構えだ。

 村松さんは「きちんと利益を上げられる仕組みをつくらなければ長続きしない。新しい収入源をしっかりと確保し、森林の資産価値を高めていきたい」と力を込めていた。

◎写真説明:初会合で意見を交わすメンバーら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞