天龍村平岡で巨大天然マイタケ

地域の話題

[ 2019年 11月 7日 木曜日 15時15分 ]

 天龍村平岡で400年余りの歴史を有する旧家「南遠山家」の庭先に立つ樹齢約150年の栗の木に、巨大な天然のマイタケが株を連ね、家族を驚かせている。

 同家の当主で満島神社などの宮司を務める遠山景一さん(66)が先月下旬、根元近くに6株ほどが出ているのを発見。最も大きな株は直径約50センチ、重さ約4キロに上った。

 栗の木からは数年おきに大きなマイタケが収穫できるといい、今年は3年ぶりに姿を現したという。

 遠山さんは「今年はキノコが不作と聞いていただけに、見つけた時には驚いた。豊作だった昨年はならず、不思議なもの」と話した。

 由緒ある旧家の古木に数年おきになるため、「縁起が良い」として買い求める飲食店もあるという。

◎写真説明:栗の木になる巨大なマイタケ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞