天龍村役場のブッポウソウがふ化

地域の話題

[ 2011年 6月 25日 土曜日 8時45分 ]

 天龍村がブッポウソウの営巣を観察している役場の巣箱で24日、無事にひながかえり、村民たちを喜ばせた。今後は給餌行動などを録画し、親鳥がどんな食べ物を運ぶかを調べる。

 渡り鳥のブッポウソウは国の天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種。村は村鳥に指定し、各地に巣箱を設置するなどして、村内での繁殖活動をサポートしている。

 カメラによる営巣観察はことしからスタート。渡来前に役場の巣箱に小型カメラを取り付け、庁舎内のモニターで観察できるようにしている。

 5月17日に番(つがい)が入り、29日―6月4日にかけて4個が産卵された。

 24日の午前10時ごろ、4個のうち2個の卵に小さな穴が開いているのが見つかり、注視していたところ、11時ごろに1羽がかえった。

 雛は自力で卵を割って出てきて、役場内では歓声が上がった。親鳥は早くもカナブンなどの小昆虫を運んで給餌を始めている。

 残りの卵も数日内にふ化するものと見られている。

 「村鳥の繁殖活動を幅広い村民や遠方から訪れる愛鳥家に見てもらい、保護活動への意識を高めてもらおうとおう」とカメラの設置を企画した村は「無事にひながかえり、ほっとしている。しっかり給餌の様子を撮影し、子どもたちに伝えたい」(永嶺誠一副村長)としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞