太古に思いはせながら 子どもたちが化石採集 阿南町

地域の話題

[ 2017年 9月 12日 火曜日 15時45分 ]

化石の発掘に挑戦する参加者ら

 阿南町西条の阿南少年自然の家(吉村洋一所長)は9、10の2日間、毎年人気の「化石採集と陶芸体験」を開いた。中南信地域から親子連れなど計55人が参加して、太古に思いをはせながら化石発掘を楽しんだ。

 1700万年前は海の底で、ホオジロザメの歯や絶滅動物「デスモスチルス」の歯の化石などが発見されている同町の特徴を生かし、化石館や陶芸体験館を活用した恒例の事業。毎年定員の3倍ほどの申し込みがあるため、今年から5月と9月の年2回に回数を増やした。

 はじめに化石館を見学した参加者は、下伊那教育会の教科研究で全体講師を務める湯澤正農夫さん(67)から化石採集の説明を受け、顔防護板を付けたヘルメットをかぶって現地へ。沢が流れる発掘場に到着すると待ちわびた化石探しに挑戦した。

 石を割って化石が見つかると、タガネとハンマーを使って慎重に掘り起こし、湯澤さんに鑑定を依頼した子どもたち。6回目の申し込みでようやく抽選され、参加がかなった飯田市上郷黒田の北原明浩さん(13)はカキの化石を発見し「普段とは違うことができて面白い」と語った。

 吉村所長は「阿南町でしかできない直接体験を通じて豊かな人間性を育み、親子でのコミュニケーションも楽しんでもらえれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09