季節はずれのサクラ咲く 飯田市上久堅

地域の話題

[ 2018年 11月 28日 水曜日 16時06分 ]

花を咲かせた橋爪さん方のサクラ

 飯田市上久堅の会社員、橋爪茂人さん(70)方の庭に植えられたサクラの木が花を咲かせた。品種は不明だが、毎年春と晩秋(11月ごろ)の2回花を咲かせるといい、橋爪さんは「普通のサクラを植えたはずだが…」と首を傾げる。

 サクラの木は全長4メートルほど。十数年前に家を新築した際、庭に植えようと苗をインターネット通販で購入したという。今年は11月の初旬ごろに開花。現在は、葉が散った枝にピンクが掛かった白い花がまばらに咲く。橋爪さんによると、花はほとんど散ることなく、霜が降りて枯れるまで咲いているという。

 南信州日本花の会代表で桜の名所づくりアドバイザーの森田和市さん(80)=同市龍江=は花弁の数や開花時期から「シキザクラ(四季桜)では」と指摘。「3月末ごろと今頃に咲くのはシキサクラの大きな特徴。もう少し遅ければフユザクラの可能性も考えられるが、飯田地方では無理かもしれない」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内













スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞