安全に1日も早い完成を

地域の話題

[ 2021年 3月 24日 水曜日 15時05分 ]

 下條村の国道151号で新設する「粒良脇トンネル」工事の安全祈願祭が24日、現地で開かれた。発注者の県飯田建設事務所や工事の関係者、沿線市町村の首長らが出席。快晴の下、工事の安全と早期の完成を祈った。

 取付道を含めた全体の整備計画は延長約820メートルで、国道151号と県道天竜公園阿智線の交点から下條郵便局付近までを結ぶ。このうちトンネルは547メートル。現トンネル(延長257メートル)の西側に設け、車道幅員は現在の5・3メートルから6・5メートルに広がる。

 同事務所によると、飯田側坑口から掘削に着手し、2022年度中の供用開始を目指す。総事業費は約35億円で、トンネル部分の工事費は約20億円に上る見込みという。

 この日のあいさつで細川容宏所長は「完成すれば三遠南信道天龍峡ICを核として下伊那南部地区の発展に寄与する」とし、「無事故で早期に完成するようお願いしたい」と工事関係者に呼び掛けた。国道151号改良期成同盟会会長の佐藤健飯田市長も「物流や観光、緊急輸送で重要な道路であり、飯田市や沿線の住民からの期待も大きい。1日も早い完成を」と期待を寄せた。

 現行の粒良脇トンネルは1964(昭和39)年に供用開始。幅員が狭いため点検路を撤去するなどして車道幅員5・3メートルを確保したが、大型車同士のすれ違いが困難な状況が続いており、円滑で安全な交通のネックとなっている。

 飯田市を起点に下條村、阿南町を経由して豊橋市へ至る国道151号は、三遠南信地域を南北に結ぶ広域的な骨格幹線道路。緊急輸送路に指定され、災害発生時の応急対策活動を支える重要な路線でもあり、同トンネルの早期改良が求められてきた。

 金田憲治村長は「(現トンネルは)暗くて事故も発生しており、改良や新設は村民にとって悲願だった。大変な工事になると聞いているが、安全に1日も早く開通することを村民も願っている」と話していた。

◎写真説明:飯田坑口前で行われた安全祈願祭

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞