「子どもの安全大人が守る」 安協浪合が防犯グッズプレゼント

地域の話題

[ 2012年 9月 27日 木曜日 15時48分 ]

 阿智村交通安全協会浪合支部(小笠原寛支部長)は25日、30日までの期間で実施中の「秋の全国交通安全運動」の一環として、浪合小学校全校児童にかばんや帽子、靴に付ける反射材と笛付きのSOSキーホルダーをプレゼントした。

 同協会では運動のスタートを受け、これまでに街頭指導や人波作戦、飲食店指導などを行っており、今回は子どもたちへの交通安全に対する啓蒙活動、防犯対策として企画した。

 この日は小笠原支部長をはじめ、浪合駐在所長、交通指導員らが同校を訪れ、放課後の時間を使って正門前に集合した全校児童44人に対し防犯グッズを配布。子どもたちは、自分たちのかばんに防犯や災害時用の笛が付いたキーホルダーを協会員に装着してもらうと、さっそく笛を吹いて音の大きさや響き具合を確かめた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞