実証プラントが稼働開始 営農型太陽光発電 飯田市龍江

地域の話題

[ 2017年 6月 1日 木曜日 20時26分 ]

太陽光パネル下の畑で作業をする下農生(龍江で)

 太陽光発電パネルの下で農作物を栽培する「ソーラーシェアリング」の実証プラントが、飯田市龍江2区で5月末から稼働を始め、1日に営農型発電設所の完成セレモニーが現地であった。災害時には非常用電源として地域で使えるようにし、畑の半分を下伊那農業高校に無償提供する協定も同日結んだ。

 農林水産省は「支柱の基礎部分が農地転用にあたる」として農地への太陽光パネル設置を認めていなかったが、2013年3月から農業の継続を前提に許可し、農業と発電事業の両立を目指した取り組みが各地で始まっている。

 龍江では、飯田下伊那の有志でつくるNPO法人信州自然エネルギー研究会の林宗吉代表(67)が所有する土地約990平方メートルの上に、ソーラーシェアリングの普及を目指す東京の企業「市民ソーラー」が84枚のパネルを設置した。売電事業は市民ソーラーが行い、農作物の栽培はNPOと下農高が担う。

 最大発電量は22キロワットで、5月23日から売電を始めた。災害時の電力供給に関する協定は龍江地域づくり委員会と市民ソーラー、NPOの三者で結んだ。

 農作業がしやすいよう支柱は長さ2・5メートル~3メートルとし、光量が生育に与える影響を調べるため、パネルは設置感覚を1メートル、2メートル、3メートルの3種類とした。

 農地に設置した場合は一定の収量を確保する必要があるが、今回は制約がない中で実験をしようと、地目は雑種地で登録。NPOはトマトとナス、ピーマン、ブルーベリー、下農ではアグリサービス科の3年生が油採取用のヒマワリを栽培する。

 市民ソーラーが手掛けたソーラーシェアリングは千葉県匝瑳(そうさ)市に続いて2例目。飯伊では初の試みとなる。

 林さんは「将来的に役に立つ事業だと思う。ぜひ多くの人に見てもらいたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15