富士見台高原で開山祭 アルプホルン響かせ

地域の話題

[ 2015年 5月 1日 金曜日 16時34分 ]

 阿智村と岐阜県中津川市の観光協会は29日、2市村にまたがる富士見台高原(1739メートル)と恵那山(2191メートル)の開山式を行った。子どもから中高年まで登山・トレッキング愛好者と協会関係者ら約500人が双方の登山口から参加。約1000ヘクタールの草原で名山が広がる大パノラマを楽しみ、山の安全を祈願した。

 神事は雪が所々に残る富士見台の休憩・宿泊施設「萬岳荘」周辺で開催し、シーズン中の安全を祈願。原善一郎中津川観光協会長、岡庭一雄観光協会長があいさつし、岡庭会長は、ハナモモや星空、温泉などの阿智の魅力を紹介しながら富士見台高原の開山を祝った。

 木曽郡大桑村のアルプホルンクラブのメンバーら22人が木曽ヒノキで作った長さ3・4メートルのアルプホルンで壮麗な音色を披露。参加者には記念品や五平餅、豚汁が提供された。

 富士見台高原はその昔「山伏台」と呼ばれたが、富士教の信者が富士参拝所を設けたことから現在の名が付いた。日本百名山のうち23座の大パノラマが展望できることで知られ、阿智側からはロープウエーとリフト、シャトルバスを利用して気軽に足を運べる。

 萬岳荘は45人収容。11月中旬まで宿泊できる。宿泊予約はヘブンスそのはら(電話0265・44・2311)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞