ふるさと竜東の集い開く 小中学生や地域住民が

地域の話題

[ 2014年 8月 1日 金曜日 9時59分 ]

 飯田市立竜東中学校区の小中学生、地域住民による「ふるさと竜東の集い」がこのほど、同中体育館であった。同校と校区内の4小学校の小中連携・一貫教育事業として一昨年から始まり3回目。「みんなで創ろう、竜東ワールド!」をテーマにパネルディスカッションや分散会を通じてふるさとのあるべき姿を探った。

 約250人が参加。牧野光朗市長も出席する中、ことしは地域が住みやすくなるために必要なことや、児童や生徒にできることなどについて意見を出し合った。

 全体会のパネルディスカッションでは、中学校の各学年代表と各小学校の代表、卒業生や地域住民らがパネラーとして登壇。同中3年の女子生徒は「三遠南信道が開通した後、地域に店ができれば高齢者の買い物が楽になる。少子化が進むが、人が入ってくることで問題は解決する」と主張。同中1年の男子生徒は「リニアや三遠南信道ができても、ホタルやフクロウが住めるよう自然を大切にしていきたい」と訴えた。上久堅小6年の男子児童は「ポスターやインターネットで呼び掛けて、他の地区からも人が訪れる大きな行事をつくりたい。それを大人になっても続けたい」と述べた。

 同中卒業生の男性(34)は「人のつながりが一番の良さ」と強調。20歳で父親が他界し、家業を引き継ぐ中で受けた地域の温もりについて紹介し、「きずなをしっかりと伝えていってもらいたい。地域に誇りを持ち、地域のために何ができるかを考えてもらいたい」と呼び掛けた。

 分散会後には、竜峡中生徒や今田人形座による今田人形公演を鑑賞して地域の良さを実感した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞