小沢あきこさん、飯田菓子大使2期目に 「さらに勉強してPRを」

地域の話題

[ 2017年 3月 16日 木曜日 16時38分 ]

市長から委嘱状を受け取る小沢さん(市役所で)

 飯田市は15日、「飯田菓子大使」の愛称で市の産業親善大使を務める飯田市千代出身の演歌歌手、小沢あきこさん(39)に2期目の委嘱状を交付した。小沢さんは「まだ食べていないお菓子があるのでさらに勉強しながら、南信州飯田の良さを全国にPRしたい」と意気込みを語った。任期は2020年2月2日までの3年間。

 1期目では東京で開かれた物産展や「しながわ宿場まつり」などのイベントで飯田と名物の和菓子をPRしたほか、就任直後の2014年4月には、首都圏のファンが小沢さんのふるさと飯田で花見や菓子店めぐり、ディナーショーを楽しむバスツアーも企画された。

 市役所で開いた委嘱状の交付式で、牧野光朗市長は「さまざまなイベントに加え、ブログでも情報発信をしていただいてありがたい。デビュー25周年を機にますますのご活躍とさらなる情報発信を」と期待を語った。

 自己紹介する際には「ふるさとは飯田で、お菓子がおいしいところなんだに」と必ず話しているという小沢さん。「任命は本当にうれしく、活動の場が広がった。信州への愛情もより深まりました」と1期目を振り返り、「飯田のお菓子は種類が豊富なことも特徴。さらに勉強し、全国にPRしたい」と話した。

 小沢さんは1月1日付で新しい所属事務所に移籍し、2月にデビュー25周年記念曲第1弾のシングル「熱海あたりで」を発売した。

 市産業親善大使は2012年に創設。第1号で「水引大使」「市田柿大使」のヘアーメーキャップアーティスト、小椋ケンイチさん(48)も2期目に入っている。小沢さんは第2号。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞