小谷村小学生が高森町で交流

地域の話題

[ 2010年 8月 4日 水曜日 14時45分 ]

 県北部の小谷村の小学生10人が31、1日の両日、夏休みを利用して高森町を訪れ、キャンプを通じ高森の子どもたちと交流した。

 20年ほど前から続く恒例イベントだが、交流内容にキャンプを取り入れるのは初。そこで、子どもたちの提案でイベント名を「高森町、小谷村ふれあいキャンプ」と決め、山吹の山の寺キャンプ場を会場に行った。同町子ども会育成会連絡協議会が計画した。

 高森からは南、北両小学校の4―6年生28人が参加した。両町村の子どもたちが混ざって6つの班をつくり、初日は協力しながら夕食を準備したり肝試し、花火、キャンプファイヤーを楽しんだ。

 2日目は下市田の天竜川でウオーターチューブを体験。ライフジャケットとヘルメットを着用し、順番にチューブに乗って川を下った。水しぶきが勢いよくはね上がるたび歓声が上がり、小谷の矢口岳樹君(11)は「スリルがあって最高です」と満面の笑みだった。

 夏に高森、冬に小谷と互いに行き来しており、今年度高森は1月にスキー体験で訪れる予定という。

 小谷村育成会の平林哲夫会長(57)は「キャンプをするのが初めてという参加者が半数とあって、とても良い経験になった。今後も大切に続けていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞