少年少女発明クラブが県くふう展入賞

地域の話題

[ 2016年 12月 22日 木曜日 16時12分 ]

県発明くふう展受賞作品の報告

 子どもたちが研究活動や科学実験などを行う「飯田少年少女発明クラブ」(金田洋一会長)は17日、「第43回長野県発明くふう展」での入賞7作品と、本年度の活動中間報告会を、飯田市丸山町のかざこし子どもの森公園で開いた。同展入賞作のうち5点は、来年3月に開催される全国展への出品が決まっている。

 同クラブは公益社団法人発明協会により2004年開設。研究や実験活動を通じて、子どもたちの探究心と協力の精神、創造力を養い、科学的発想に基づく生活態度の育成と豊かな人間形成を図ることを目的とし、現在は飯田下伊那地域を中心とした小中学生23人が参加している。

 はじめに活動中間報告を実施。8月に開催された「第7回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」飯田地区大会で、クラブ員でつくる「チームかなえ」が優勝したが全国出場を逃したことなど、地区大会の内容を振り返り、チームワークの大切さを確認した。また各自で制作した電子工作を発表した。

 児童生徒が工夫制作した発明品を出品する県発明くふう展には、11人が応募し7人が入賞。報告会では、10月に長野市のビッグハットで行われた作品展と表彰式の様子を映像で紹介しながら、受賞者が一人ずつ作品について解説した。

 追手町小3年の井出隆之介君は「らくちんハンガー」で関東経済産業局長奨励賞を受賞。バスタオルを楽に干せたり取り込めるよう、ハンガーの中央に切れ目を入れている。「家族が大勢いて、洗濯が大変そうなお母さんのために考えた。切れ目からタオルを差し込んで干せる」などと説明していた。

 入賞作のうち、井出君と松尾小4年の山本乃眞さん、豊丘南小5年の堀川雄大君、鼎小4年の山下創大君、緑ケ丘中1年の山本佳彌さんの作品が、全国展への出展を決めた。全国展は来年3月、東京都で開催される。

 県くふう展の同クラブ入賞者は次の皆さん。

 ◇小学生の部
 ▽関東経済産業局長奨励賞=井出隆之介(追手町小3)「らくちんハンガー」▽県知事賞=井ノ口創(山本小4)「むれないくつ」▽県教育委員会賞=山本乃眞(松尾小4)「手荷物楽々 しょっちゃえ!カバー」▽県発明協会会長賞=堀川雄大(豊丘南小5)「助けて内線」▽同協会会長奨励賞=佐藤滉一郎(追手町小4)「ねこぜ直し機」▽産業フェアin善光寺平実行委員会会長賞=山下創大(鼎小4)「センサーライトつき標識」

 ◇中学生の部
 ▽日本弁理士会会長奨励賞=山本佳彌(緑ケ丘中1)「コンパクトポイポイ」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10