山本を学ぶウオーキング開催

地域の話題

[ 2014年 6月 16日 月曜日 10時42分 ]

 飯田市山本公民館(林武史公民館長)は14日、「ウオーキングで山本地域を学ぼう」を開催した。さわやかな天候の下、公民館から三州街道、杵原学校、竹佐伊奈神社など近くの史跡を巡って初夏の自然を楽しんだ。

 同公民館のウオーキングイベントは地域学習と健康づくりを兼ねた事業として4年ぶりに復活した。子どもから大人までの地域の住民20人余とともに、林館長が講師で協力する阿智高校美術部の生徒8人も参加。同公民館では高校生に地域に積極的に関わってもらおうと交流を続けており、昨年夏からさまざまな行事で同校生徒が参加し、協力を続けている。

 公民館を出発した一行は、林館長の案内で旧国道近くの三州街道を歩いて杵原学校方面へ。途中、「みかわ道(三州街道)」「かんのん道」などと書かれた「並松の道標」を見て、名古屋市まで続く三州街道が現在の国道153号になった様子を聞いたり、開善寺に滞在中していた白隠禅師が揮毫した「白隠石」を見たりと地域の歴史に思いをはせた。

 杵原学校からは久米川を渡って小学校から観音寺、竹佐陣屋跡へ。ゴールの公民館では箱川五平餅の会による五平餅を食べて交流を深めた。阿智高3年の男子生徒は「学校の近くでも普段通るだけで山本のことをあまり知らなかった。今回のことはいい勉強になったと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30