峰竜太さんよこね田んぼ名誉オーナー就任

地域の話題

[ 2020年 1月 18日 土曜日 13時06分 ]

 飯田市千代のよこね田んぼの名誉オーナーに17日、下條村出身のタレント峰竜太さんが就任した。保全活動に取り組むNPO法人里山べーす(吉澤富夫理事長)と保全委員会(関口俊博会長)が同日、峰さんに会員証を手渡した。峰さんは「維持していくにはハートがないとできないので同郷として誇り。名誉オーナー会員として発信していきたい」と力を込めた。

 1999年に農林水産大臣から「日本の棚田百選」に認定されたよこね田んぼ。2017年にはオーナー制度を導入するなど両団体が協力し、約3ヘクタール、110枚の棚田の管理やイベントを行っている。

 意識の希薄化や保全委員会の高齢化を課題に、地区内外への発信力強化にも注力。19年9月に峰さんのラジオ番組に電話出演させてもらったことが縁となり、名誉オーナーへの就任が実現した。

 下條村の宿泊施設、月下美人を訪れ、峰さんに直接手渡した。峰さんは幼少期から農業に触れて得た経験や、高校時代に千代の友人を訪ねた思い出にも言及し「田植えや稲刈りにも来たい」と話していた。

 会員証のほか、よこね米で醸造した日本酒「Y―704」と新米2キロも贈呈。吉澤理事長は「峰さんは全国区の人なので、人脈もあると思う。まずは地元で、有名な人が名誉オーナーになっていることを知ってもらえたら」と期待を込めた。

◎写真説明:峰さんがよこね田んぼ名誉オーナー会員就任

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新しい種まき悪から守る

4月10日金曜日15:42

「天仁の杜」ハナモモ見頃

4月10日金曜日15:59

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞