嵯峨坂ザゼンソウ見頃

地域の話題

[ 2020年 3月 9日 月曜日 16時04分 ]

 飯田市下久堅虎岩嵯峨坂の自生地でザゼンソウ(座禅草)が見頃を迎えており、連日見物客が訪れている。8日には「虎岩の文化財を保護する会」(池田健一会長)が現地で見学会を開いた。

 飯田下伊那地域では数少ない自生地を「多くの人に知ってもらいたい」と願い、2017年から毎年この時期に見学会を開いている。今年も守る会のメンバーらが案内役を務め、ザゼンソウの生態や整備をする上での苦労などを紹介した。

 この日は朝から雨が降り続く中、地元住民や写真愛好家らが来場。遊歩道沿いに顔を出した濃い赤紫色のザゼンソウや周囲の自然を観察したり、写真に収めたりしていた。

 同市松尾毛賀の小学校教諭、村松亮彦さん(56)さんは「下久堅の自生地には初めて来たが、これだけ多くのザゼンソウが生えているのを見たことはなかった」と話していた。

 ザゼンソウはサトイモ科の多年草で、花のように見える赤紫色の仏炎苞(ぶつえんほう)に包まれた姿が、僧侶が座禅を組む姿に似ていることからこう呼ばれている。雪解けを待つ他の植物との競争を避けるため、約20度ほどに発熱して周囲の雪をとかし、芽を出すという。
 同会によると、嵯峨坂では暖冬の影響もあり、昨年より10日早く先月11日に開花。3月末ごろまでが見頃という。池田会長は「嵯峨坂にはザゼンソウのほかにもさまざまな植物が自生している。いつでも足を運んでもらえれば」と話していた。
 嵯峨坂の自生地は標高634メートル。500株以上が自生しているとして、1995年に市の天然記念物に指定された。同会は2015年から駐車場や遊歩道の整備などに取り組んでいる。

◎写真説明:ザゼンソウをカメラに収める見学者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞