川路のかわらんべで七草がゆづくり

地域の話題

[ 2012年 1月 7日 土曜日 9時03分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは6日、新年恒例のかわらんべ講座として七草がゆづくりを行った。訪れた親子ら約40人がかわらんべ近くの野原や田んぼなどでナズナやハコベラといった草を摘み、正月を締めくくる伝統行事を体験した。

 七草がゆは、おんべ(ほんやり・どんど焼き)と並ぶ大正月を締めくくる伝統行事の一つ。▽セリ▽ナズナ▽ゴギョウ(ハハコグサ)▽ハコベラ▽ホトケノザ(コオニタビラコ)▽スズナ(カブナ)▽スズシロ(ダイコン)―の7種類の草でつくったおかゆを歳神様に供え、一緒に味わって一年の無病息災を祈る。おかゆは昔、赤飯や餅のようにハレの食べ物だという。

 ことしは寒さなどのため、セリやゴギョウなどはなかったが、かわらんべ近くでハコベラとナズナなどを摘んだ。ハコベラははびこるように群生しており、参加者は用意した袋いっぱいに集めていた。集めてきた草は他の七草の草とともに調理し、かわらんべ協力員の方々が作ったおかゆで味わった。

 七草がゆづくりは昨年に引き続き2回目の参加という小学5年の男子児童は「身近にある草が実は七草で、食べてみるとすごくおいしくて驚いた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞