川路保育園に福島県南相馬市住民から贈り物

地域の話題

[ 2012年 1月 26日 木曜日 9時58分 ]

 飯田市立川路保育園(上沼和子園長、31人)で25日、福島県南相馬市の住民から届いた手作りの巾着袋と鉛筆立ての贈呈式が行われた。園児が昨年12月に正月用のお餅をついて、南相馬の人々へ送ったお礼。思わぬプレゼントに園児や川路の住民も喜んでいた。

 川路地区では、昨年3月11日の東日本大震災により、天龍峡温泉交流館へ南相馬市の15世帯が避難。南相馬の人々の多くはすでに故郷へ帰ったが、滞在期間中にボランティアでの交流だけでなく、天龍峡花の里のソバ畑の草取りや川路バイパスの除草などの作業に加わってくれたことから、川路まちづくり委員会(長谷部喜則会長)と天龍峡そば普及組合(塩澤寛組合長)で正月用のお餅を送ろうと計画。川路保育園の園児も餅つきに参加、園児が描いた絵とともに12月に各家庭へ届けた。

 これに喜んだ南相馬の住民から紙製の鉛筆立て40個、全園児分の手作り巾着袋と鉛筆を、それぞれ同園にプレゼントした。

 この日は南相馬住民に代わり、同まちづくり委員会と同普及組合の役員4人が園に訪れ、園に届いたプレゼントを園児に手渡した。受け取った園児は笑顔を浮かべて喜んでいた。

 このほかにも感謝の気持ちを年賀状に書いて川路の住民に届けた人も多かったという。同まちづくり委員会の長谷部会長は「南相馬の方々には大変お世話になった。かえってたくさんのものをいただいてしまったが、気持ちが通じてくれてありがたい」と感謝。上沼園長は「これだけものを手作りするだけでも大変なこと。早速、みんなで活用したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞