川路保育園に福島県南相馬市住民から贈り物

地域の話題

[ 2012年 1月 26日 木曜日 9時58分 ]

 飯田市立川路保育園(上沼和子園長、31人)で25日、福島県南相馬市の住民から届いた手作りの巾着袋と鉛筆立ての贈呈式が行われた。園児が昨年12月に正月用のお餅をついて、南相馬の人々へ送ったお礼。思わぬプレゼントに園児や川路の住民も喜んでいた。

 川路地区では、昨年3月11日の東日本大震災により、天龍峡温泉交流館へ南相馬市の15世帯が避難。南相馬の人々の多くはすでに故郷へ帰ったが、滞在期間中にボランティアでの交流だけでなく、天龍峡花の里のソバ畑の草取りや川路バイパスの除草などの作業に加わってくれたことから、川路まちづくり委員会(長谷部喜則会長)と天龍峡そば普及組合(塩澤寛組合長)で正月用のお餅を送ろうと計画。川路保育園の園児も餅つきに参加、園児が描いた絵とともに12月に各家庭へ届けた。

 これに喜んだ南相馬の住民から紙製の鉛筆立て40個、全園児分の手作り巾着袋と鉛筆を、それぞれ同園にプレゼントした。

 この日は南相馬住民に代わり、同まちづくり委員会と同普及組合の役員4人が園に訪れ、園に届いたプレゼントを園児に手渡した。受け取った園児は笑顔を浮かべて喜んでいた。

 このほかにも感謝の気持ちを年賀状に書いて川路の住民に届けた人も多かったという。同まちづくり委員会の長谷部会長は「南相馬の方々には大変お世話になった。かえってたくさんのものをいただいてしまったが、気持ちが通じてくれてありがたい」と感謝。上沼園長は「これだけものを手作りするだけでも大変なこと。早速、みんなで活用したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞