川路6区民ら協働で汗 豊作に期待し田植え

地域の話題

[ 2015年 5月 14日 木曜日 13時58分 ]

 飯田市川路6区の里づくり委員会(塩沢美紀夫区長)はこのほど、区内の川路土地管理組合所有の田んぼ5アールで恒例の田植えを行った。地元の子どもたちも参加して、もち米とうるち米の2品種の植え込みに汗を流した。

 15年前から各戸で1株育て、米を持ち寄って収穫祭を開いてきた同地区。10年程前から田んぼを借りて、区民ら協働で育てている。

 この日は大人から子どもまで約50人が参加。初めに子どもたちが田に入り、ぬるっとした泥の感触を味わった後、大人も加わって田んぼに張った綱に沿い手際よく苗を植え込んでいった。

 田植えが終わると、昨年収穫した米で作ったおにぎりを味わい、ことしの豊作に期待を寄せた。中島義則副区長は「子どもたちには米がどういう過程で育ち、食べられるようになるかを知ってもらいたい」と話していた。9月の稲刈りを経て、11月中旬に収穫祭を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞