左岸側から架橋工事へ

地域の話題

[ 2020年 12月 4日 金曜日 15時39分 ]

 天竜川をまたぎ豊丘村河野と高森町山吹を結ぶ県道市ノ沢山吹停車場線「竜神大橋」の安全祈願祭が4日、豊丘村河野であった。左岸の豊丘村側から橋台と橋脚工事に入る。

 安全祈願祭は施工業者の北沢建設(北沢資謹社長)と神稲建設(福澤栄夫社長)が開き、県飯田建設事務所や両町村の関係者らが参加した。平澤靖史宮司を祭主に神事を執り行い、工事の安全と工期内の完成を祈った。

 発注者の飯田建設事務所細川容宏所長は「まずは無事故で完成できること、そして供用が早期に開始できるよう願いたい」と述べた。

 下平喜隆豊丘村長は「喬木村と進めてきた竜東一貫道路が竜神大橋の完成により所期の目的を達成できる。1日も早い完成を」と語り、壬生照玄高森町長は「地域の発展に欠かせない橋。安全で事故のない工事を」と願った。

 豊丘村と高森町をつなぐ現在の万年橋は完成から61年が経過。幅員が狭く歩道がないこと、大型車通行時の安全確保が困難なことを踏まえ、竜東一貫道路先線の改良促進のため、喬木村を含む3町村で期成同盟会を設けて要望活動を展開してきた。

 工事区間は豊丘村河野から高森町山吹までの約800メートル。橋の長さは264メートルで幅11メートル。片側1車線の車道と歩道1本を設ける。

 工事は渇水期(10月~5月末)のみに行う。本年度は河野の天竜川岸に橋台を設ける工事と3基ある橋脚のうち豊丘村側の1基の工事を行う。10月から天竜川の流れを替える準備工事を進めてきた。工事区間全体の完成は5年後を予定する。

◎写真説明:竜神大橋の安全祈願祭

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞