市内各地でしめ縄作りや餅つき行事

地域の話題

[ 2013年 12月 11日 水曜日 9時18分 ]

 12月も中旬を迎え、飯田市内各地では正月に向けた年中行事が行われている。8日、橋南公民館では、橋南まちづくり委員会主催の「しめ縄作り講習会」が開かれた。地区住民ら約20人が参加し、愛宕町の林清實さんから、松飾り用のしめ縄などの作り方を学んだ。

 林さんは「年々、作れる人が減っている。この機会にぜひ多くの人に覚えてもらいたい。一度だけではすぐに忘れてしまうので、家でも練習してもらえればうれしい」と話す。参加した追手町小1年の男子児童は「作るのは初めて。難しかったけど楽しかった。おうちに飾りたい」と笑顔を見せた。

 作ったしめ縄は各自持ち帰り、自宅に飾るという。

 同日、浜井場小学校では、橋北公民館主催の「しめ飾り講習会・餅つき交流会」が行われた。大人から子どもまで地区住民ら約30人が参加し、伝統文化を学び継承するとともに、他世代交流を楽しんだ。

 餅つき交流会では、子どもらが大きなきねをけんめいに振りかぶり、餅つきに挑戦。時にはきねがうすのふちに当たり、顔をしかめる姿も見られたが、「よいしょ!」の掛け声に合わせて餅をつき、「ペタン!」と良い音が鳴ると、満足そうに笑みを浮かべた。

 つきたての餅をお汁粉や砂糖しょうゆなどでさっそく味わうと、さらに笑顔が広がった。

 浜井場小2年の男子児童は「いろいろ体験できて楽しかった。しめ飾りは難しかったけど、おもちを上手につけた時は、とても気持ちが良かった」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞