市内農家対象に家族経営協定の調印式

地域の話題

[ 2014年 2月 10日 月曜日 10時20分 ]

 飯田市農業委員会(中山將英会長)や県下伊那農業改良普及センター(馬場宏武所長)などは7日、市内の農家を対象に経営の健全化などに役立ててもらう「家族経営協定」の調印式を同市鼎東鼎のJAみなみ信州営農部で開いた。本年度は市内の農家8組18人が締結。家族が互いに協力し、潤いや魅力ある農業経営に取り組むことを誓った。

 市の家族経営協定は1997年に始まり、今回を含め計143組が締結。以前は9月9日の「重陽の節句」に合わせて調印式を開いていたが、農繁期にあたるため、2009年度から2月の時期に変更している。

 意欲を持って農業に取り組むための協定で、家族みんなで農業経営に参画する姿勢を促す狙いもある。それぞれの協定書には、主に労働時間や休日、給与などの労働条件の他、経営管理や家事などの役割分担、働きやすい環境づくりに向けた決め事を自由に盛り込んだ。

 調印式には、酪農や果樹・野菜栽培などに取り組む農家7組が出席。中山会長と馬場所長らの立ち会いの下、家族間の話し合いでまとめた協定書に署名、押印した。

 同市千代の果樹農家の男性(54)は、昨年4月に息子(27)が経営の担い手に加わったことから、2000年に夫婦で結んだ内容を見直した。

 男性は「家族だからこそ、もめごとなどが起きては困る。特に労働条件や賃金はきちんとしておきたい」と指摘し「きちんと働けば働いた分だけ、見返りもあるという前向きな気持ちを大切に、家族みんなで頑張りたい」と意気込みを新たにしていた。

 各家族が協定に盛った内容は「余暇を大切に健康に留意する」「互いの趣味を認め合い、活動を理解する」「賃金は夫婦で同額ずつ」など多彩。主催者側は「調印という儀式で気持ちも一段と引き締まったのでは」と話し、実践を期待していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞