市天然記念物に赤梨2本を追加

地域の話題

[ 2017年 3月 11日 土曜日 14時38分 ]

丸山の早生赤梨を追加指定

 飯田市教育委員会は10日に開いた定例会で、2009年に1本が市天然記念物に指定されていた「丸山の早生赤梨」(滝の沢)に、2本を追加指定した。2月に市文化財審議委員会から指定答申を受けて決定。市内最古である樹齢約130年の梨の栽培樹で、伊那谷での梨栽培の原点とされている。

 丸山の早生赤梨は1890(明治23)年ごろ、丸山三吉が上郷村で栽培されていた梨を移植したもの。早生赤梨は江戸時代末期に新潟県内で発見された品種で、梨販売を行っていた三吉が86(同19)年に同族の栄吉に同村で栽培させたことが、伊那谷での梨栽培の原点になった。

 明治年間には全国で栽培されていたが、品種改良や病気のまん延で栽培種として現存するものはごくわずか。市内では滝の沢の丸山家にしか残っていないという。丸山家には4本が現存しているが、2009年にもっとも樹勢が良く規模が大きい1本のみが文化財指定されていた。

 現在は、過去の指定木を含む2本の樹皮下部が枯死し、衰微が著しい状態になっている。他の2本は樹勢が良く、現在でも多くの実をつけていることから、審議委員会では「指定木と同等の価値が認められる」と判断。

 また現在の果樹は幹を低くして枝を杯状に広げた仕立てが主流だが、丸山の早生赤梨は幹を高く伸ばして枝を水平に広げる仕立てになっており「当時の果樹栽培技術を伝えるものとして重要」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01