市教委が「わが家の結いタイム」啓発活動

地域の話題

[ 2012年 7月 14日 土曜日 10時17分 ]

 飯田市教育委員会は12日、「わが家の結いタイム」街頭啓発活動を市内7カ所で行った。市職員や同市青少年育成推進委員、「わが家の結いタイム」推進協議会委員が大型店や駅利用者にポケットティッシュを配り、家庭での取り組みを呼び掛けた。

 7月は市が進める家庭教育推進事業「わが家の結いタイム」推進月間と「青少年の非行・被害防止全国強調月間」にあたる。このため、市教委では家族のふれあいの時間「わが家の結いタイム」の一層の啓発に向けて、街頭啓発活動を実施した。

 今回は飯田駅やイオン飯田店・飯田アップルロード店、アピタ飯田店、西友飯田かなえ店・伊賀良店、バロー飯田店で、結いタイム啓発のティッシュと「ひまわりっ子育成県民運動」のパンフレット約1300セットを配布。「伸びよう伸ばそう青少年」のたすきをかけ、家庭での▽読書▽お手伝い▽あいさつ▽会話―の4点を訴えるカードをはさんだポケットティッシュを手渡し、家族とのふれあいや対話を呼び掛けた。

 市教委では2010年度に家庭、学校、地域、関係機関が連携して地域全体に結いタイムの取り組みが広がるよう、わが家の結いタイム推進協議会を立ち上げ。昨年度からPTAに結いタイム担当者を位置付けるなど、家庭での推進を図っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)