市瀬さんベストボディ・ジャパン県大会グランプリ

地域の話題

[ 2017年 6月 17日 土曜日 14時47分 ]

ベストボディジャパン長野大会

 飯田市出身の団体職員、市瀬早希さん(27)=長野市=がこのほど、健康美などを競う年齢別コンテスト「ベストボディ・ジャパン」の長野大会でグランプリを受賞した。

 2015年に出場したミスユニバース全国大会以降もトレーニングを続けてきたという市瀬さんは「出ることがスタイル維持を頑張る原動力になれば」と、20代女性を対象にしたガールズクラスに出場。書類選考を通過した県内外の10人が大会に臨んだ。

 健康美、引き締まった体とバランスの取れたスタイル、ポージングなど5項目で審査され、400満点中390点をとった市瀬さんが2位に20点の差を付けてグランプリに輝いた。

 大会の1カ月前からジムに通ったという市瀬さんは「素直にうれしい。トレーニングが短期間で、審査中に2回ミスもしたからグランプリになれるとは思っていなかった。まさかという感じ」と喜びを口にした。

 日本大会は11月26日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で開かれ、市瀬さんは長野代表の一人として出場する。

 結果は重視しない考えで「もともとはスタイルの維持が目的で出た大会。良い結果を…と思うとストイックになり過ぎるので、自分が納得のいくスタイルに近づくきっかけになれば」というスタンスでゆとりをもって臨む。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)