市田柿の豊作願い「成り木責め」

地域の話題

[ 2017年 1月 20日 金曜日 15時41分 ]

柿の豊作を願う「成り木責め」(飯田市上郷黒田で)

 「市田柿」にちなんだ南信州の伝統行事を継承し、さらなるブランド化や生産・販売振興につなげようと、飯田市農業振興センターと市は20日、果実の豊作を願う小正月の伝統行事「成り木責め」を同市上郷黒田の柿畑で実施した。同センターによる剪定(せんてい)講習会の参加者約40人が見守る中、職員2人が儀式に臨み、今年の豊作を祈った。

 儀式は1人が「成りそか、切りそか。成らぬと、すっぱり切っちまうぞ」と唱えながらナタで幹に傷を付けると、もう1人が「成ります、成ります。鈴なりに」と木の心情を代弁。傷口に、かゆと日本酒を供え、秋の実りに期待を込めた。

 市農業課によると、成り木責めは戦前までは飯伊の各地で普通に行われていたが、近年はほとんど見られないという。作法は現在も伝統を継承している同市下久堅の「三石家」にならった。

 市田柿は昨年、国が地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」に登録されている。同センターの澤柳実也副事務局長は「地域で大切に育まれてきた市田柿。GI取得も契機に、成り木責めなどの風習とともに、さらに広めていければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞