市立動物園写生大会 親子連れでにぎわう

地域の話題

[ 2011年 5月 16日 月曜日 15時23分 ]

 青空が広がった14日、飯田市立動物園(長良健次園長)=同市扇町=では恒例の写生大会が開かれ、未就学児から中学生までの子どもたちを中心とする親子連れでにぎわった。ことしは飯田女子短期大学造形研究室の学生が絵についてアドバイスするなど新たな試みも設けられた。15日も開催する。

 日本動物園水族館協会中部ブロック共催、南信州新聞社など後援。これまで春、秋の2回実施してきた同大会だが、昨年から春の1回限り、2日間での実施となった。

 来園した子どもたちは、協賛する飯田文具商組合、サクラクレパスから画用紙を無料提供されると、園内を巡りながらモデルとなる動物探しに。目当ての被写体が決まると座り込み、思い思いの構図で白いキャンパスに絵筆を走らせた。

 小学1年生から毎年参加しているという飯田東中2年の女子生徒は、これまで描いたことのないマナヅルを選んだ。「動くから難しいけど、絵を描くのは楽しい」と視線を注いだ。長良園長は「動物園の良さを知ってもらう機会になれば」と話していた。

 6月下旬に金賞、銀賞、入選、佳作を決め、金賞の中から7点を県知事賞や飯田市長賞などの特別賞として表彰する。表彰式は6月23日の予定。同25日から7月24日までりんご並木のエコハウスギャラリーで入賞作品を展示する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24