市立病院で令和初の子ども誕生

地域の話題

[ 2019年 5月 2日 木曜日 14時06分 ]

 飯田市毛賀の酒井翔太さん(28)、郁枝さん(同)夫妻の長男・陽翔(はると)ちゃんは1日、同市八幡町の市立病院で生まれた。同病院では令和になって初めて誕生した子どもで、喜びに包まれている。

 郁枝さんによると予定日は3日だったが、4月29日夜に陣痛が始まり、1日午前1時45分ごろ、陽翔ちゃんを出産した。名前には、元気に羽ばたくようにすくすく育ってもらいたい―という思いを込め、翔太さんの名にちなんで決めた。

 翔太さんは「初めは令和になってから生まれればと思っていたが、いざ出産となると、無事で元気に生まれてくれたらどちらでもいいと、こだわりがなくなった」と振り返った。

 郁枝さんは「令和を迎えた瞬間は分娩室でうなっていて、気づいたら越えていた。初めての子どもでかわいい。明るく優しい男の子に育ってもらいたい。将来、無事に生まれてきてくれてありがとうと言ってあげたい」と笑顔を浮かべていた。

◎写真説明:酒井さん夫妻と長男・陽翔ちゃん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞