平谷の雪30トンを碧南に、91年から続く交流事業

地域の話題

[ 2014年 2月 4日 火曜日 15時13分 ]

 平谷村は1日、矢作川の流域自治体として交流を重ねる愛知県碧南市に約30トンの雪を届けた。市内の子どもたちはぽかぽか陽気の中、大喜びで雪遊びを楽しんだ。

 10トンダンプ3台に載せ、矢作川源流域の平谷から河口域の碧南に運んだ雪は、市内の若者グループ「ヘキスポ」の17人によって公園の芝生広場に積み上げられ、滑り台状になった。

 集まった親子ら約200人はテープカット後に雪の周りに集まると、そり滑りを楽しんだり、雪の塊を手に取るなどして歓声を上げていた。

 平谷の雪を子どもたちにプレゼントする交流事業は、1991年から数えて19回目。保育園児の母親だった碧南の女性が二十数年前に平谷のスキー場を訪れ、「雪の降らない碧南の子どもたちに雪遊びをさせてあげたい」とつぶやいたのがきっかけとなった。

 この日は女性と成長した子ども、孫を連れて会場を訪れ、「交流が長く続き、子どもたちが喜ぶ姿をみているととてもうれしい。交流がさらに深まれば」と笑顔で話していた。

 碧南の高松透教育長は「雪に触れることの少ない碧南の子どもたちにとってはありがたいプレゼント。自然豊かな平谷と引き続き交流したい」と話していた。平谷側からはコーンスープのプレゼントもあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞