平谷シニアも作業

地域の話題

[ 2020年 5月 23日 土曜日 13時55分 ]

 22日には一足先に平谷シニアクラブ(滝澤治郎会長)がヒマワリの種まきとマリーゴールド畑の整備をした。ボランティア活動として毎年実施。会員30人ほどが集まり、国道153号沿いの畑で2時間ほどの作業に汗を流した。

 種まきは、村の平松地区と赤坂地区の2カ所で行った。10年ほど前から実施していて、毎年5月に種をまいている。

 平松地区に集合し、道沿いの約100メートルに及ぶ畑を耕してマルチを張った。穴を開けて土を掘り、630カ所ほどに種を2粒ずつまいた。

 ひらや高原スキー場横の国道沿い(赤坂地区)約60メートルの畑でも、300粒ほどの種まき作業をした。

 滝澤会長は「労力がいるが、みんなでやればあっという間」と笑った。

 最後にひまわりの湯前の道沿いの畑を整備した。休耕地だったこの場所は、毎年3000本のマリーゴールドが咲き、来訪者を魅了している。元々は別の団体が行っていた管理を、同クラブが5年ほど前に引き継いだ。6月の苗植えに備えてマルチを張った。

 参加女性は「毎年参加していて、花が咲くのが楽しみ。年々高齢化によって参加者が減少しているが、いつまでも元気に続けられたら」と話した。

 新型コロナウイルス感染拡大のために中止の心配もしたが、「今年もなんとか花を咲かせたい」との思いでマスクを着けるなど予防策を講じ作業にあたった。

 クラブが水やりや草取りを行い、ヒマワリは8月中旬、マリーゴールドは10月にも見頃を迎える。

◎写真説明:種まき作業に取り組む会員ら(平谷村赤坂地区で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞