「社会の一員として」 県内で最も遅い成人式 平谷村

地域の話題

[ 2014年 8月 19日 火曜日 15時44分 ]

 平谷村の成人式は16日、平谷村合同庁舎で開かれた。浴衣やスーツ姿の新成人7人が集まり、式典などを通じて社会の一員としての決意を新たにしていた。

 同村の成人期は21歳を迎える年齢を対象にし、県内で最も遅い時期に開催している。ことしは対象者10人のうち、7人が参加した。

 式典で主催者を代表し高見義夫公民館長は「一人一人苦境にめげることなく、まい進してほしい」と式辞を述べ、小池正充村長は「県内一人口の少ない村だが、少しでも住みやすい村にしようと取り組んでいる。これからの人生、夢にチャレンジしてほしい」とエールを送った。

 参加した新成人はそれぞれ、近況や社会人としての心構えを発表し、このうち村内在住で飯田市の会社に勤める男性(21)は「成人式を迎え、社会人の一人として責任を持った行動を心がけたい。新たな世代としてこれからの未来を担っていきたい」と話した。

 集まった新成人たちは、同年生同士の再会を喜び、思い出話に花が咲いていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞