平谷村、アイスキャンドル盛大に 幻想的な光景広がる

地域の話題

[ 2018年 1月 29日 月曜日 15時37分 ]

平谷村のアイスキャンドル

 平谷村の住民参加イベント「アイスキャンドルinひらや」が27日、道の駅信州平谷向かいのほっとパークひらや郷で開かれた。住民が自然の寒さで凍らせた氷の器500個ほどを持ち寄り、ろうそくがともされると幻想的な光景が広がった。

 氷点下15度以下の厳しい寒さが続く平谷村。アイスキャンドルイベントは冬の寒さを楽しさに変えようと住民主体の催しとして始まり、10回目を迎えた。

 点灯式では、平谷小児童が練習を重ねたトーンチャイムを披露。大きなたいまつを掲げて行進し、花火を点火して開幕を祝った。アイスキャンドルは、花を入れて凍らせたものや色つきのものなどそれぞれが工夫を重ねたものばかり。小学生や保育所の園児により雪だるまも飾られた。

 会場にはアイスキャンドルで彩られた滑り台も。年賀状のおたき上げや豚汁・甘酒の振る舞いもあり、訪れた人は、たき火などで温まりながら、炎と氷が織り成す美しい光景を楽しんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)