平谷村が碧南市に雪のプレゼント

地域の話題

[ 2018年 2月 7日 水曜日 16時06分 ]

雪のすべり台で遊ぶ児童ら

 平谷村は4日、矢作川下流の愛知県碧南市の子どもたちに雪をプレゼントする事業を行った。今回は10トンダンプ3台分の雪を提供。碧南市の明石公園には雪の滑り台が設けられ、訪れた子どもたちが大喜びで雪遊びを楽しんだ。

 雪のプレゼント事業は、雪が積もることの少ない河口域の子どもたちに、雪を楽しんでもらおうと矢作川交流事業の一環で1991年から続いている。

 運ばれた約30トンの雪を使って、碧南の若者グループ「ヘキスポ」のメンバーが長さ15メートルほどの滑り台を作成した。碧南市や平谷村教育長、矢作川沿岸水質保全対策協議会事務局長らによる「雪の交流」テープカットに引き続き、訪れた約200人の親子が雪の上をそりで滑ったり、雪の塊を手に雪合戦をしたりと声を上げて喜んだ。

 碧南市の生田弘幸教育長は「碧南の子どもたちにとってはありがたい雪のプレゼント。雪遊びを大いに楽しんで」と呼び掛けた。ヘキスポのメンバーの一人は「子どもたちの笑顔を見ることができて良かった」と話した。会場では、平谷村特産のコーンスープのプレゼントを行い、長蛇の列ができた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事