平谷村が碧南市に雪のプレゼント

地域の話題

[ 2018年 2月 7日 水曜日 16時06分 ]

雪のすべり台で遊ぶ児童ら

 平谷村は4日、矢作川下流の愛知県碧南市の子どもたちに雪をプレゼントする事業を行った。今回は10トンダンプ3台分の雪を提供。碧南市の明石公園には雪の滑り台が設けられ、訪れた子どもたちが大喜びで雪遊びを楽しんだ。

 雪のプレゼント事業は、雪が積もることの少ない河口域の子どもたちに、雪を楽しんでもらおうと矢作川交流事業の一環で1991年から続いている。

 運ばれた約30トンの雪を使って、碧南の若者グループ「ヘキスポ」のメンバーが長さ15メートルほどの滑り台を作成した。碧南市や平谷村教育長、矢作川沿岸水質保全対策協議会事務局長らによる「雪の交流」テープカットに引き続き、訪れた約200人の親子が雪の上をそりで滑ったり、雪の塊を手に雪合戦をしたりと声を上げて喜んだ。

 碧南市の生田弘幸教育長は「碧南の子どもたちにとってはありがたい雪のプレゼント。雪遊びを大いに楽しんで」と呼び掛けた。ヘキスポのメンバーの一人は「子どもたちの笑顔を見ることができて良かった」と話した。会場では、平谷村特産のコーンスープのプレゼントを行い、長蛇の列ができた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞