平谷村で「山に学びキノコを知る勉強会」

地域の話題

[ 2015年 10月 1日 木曜日 10時48分 ]

 キノコ狩りのシーズンを迎え、食用と中毒事例のあるキノコの見分け方を学ぼうと、「山に学びキノコを知る勉強会」が28日、平谷村役場で開かれた。

 キノコシーズンを前に、食中毒などの事故を防ごうと毎年9月末に開いている勉強会。近隣町村から集まった20人余がそれぞれ採取したキノコを持ち寄り、県きのこ衛生指導員のから説明を聞いた。

 会場にはショウゲンジやニセアブラシメジ、盆栽に見立てたキノコの鉢などが並べられ、傘の裏のひだの特徴を確認したり、においをかいだりして、キノコの名前や食用と毒キノコの違いを確認。ホウキタケやコウタケなど食用15種、キシメジやクラウラベニタケなど有毒キノコ11種の計26種類の見分け方を学んだ。

 勉強会で使用したキノコの一部は村役場ロビーで展示した。参加者の男性の一人(70)は「キノコを学ぶのに商品化しては、という話が面白かった。きれいに採ったり食べ方を説明するには勉強しないといけない」と話した。

 勉強会を担当した村役場の職員は「キノコ採って味わうことで秋の豊かさを感じられる。採取するときは事故のないように」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞