平谷村でアイスキャンドルイベント 厳しい冷え込みを観光資源に

地域の話題

[ 2017年 1月 30日 月曜日 16時05分 ]

会場内にアイスキャンドルがずらり

 平谷村の厳しい冬の冷え込みを観光資源につなげようと、アイスキャンドルイベントが28日、道の駅向かいのほっとパークひらや郷で開かれた。スキー帰りの家族連れなどが600個のアイスキャンドルがつくり出す幻想的な光景を楽しんだ。

 冬に気温が氷点下15度ほどに冷え込む村の特徴を生かした催しとして、2009年から始まった。住民有志がアイスキャンドルを持ち寄る参加型のイベントだ。

 例年は吹雪などに見舞われることが多かったが、この日は晴天。スキー帰りの温泉客などが訪れて会場内を歩き「すごい。氷でできてる」「きれい」と口々に語り合った。

 愛知県岡崎市から子どもと訪れた男性は「平谷高原スキー場には何度も来ているけどこのイベントは初めて。また来年も来たい」と話した。ひまわりの湯周囲にはイルミネーションも点灯しており、訪れた人々は夜の平谷を彩る光の演出を満喫した。

 平谷小児童5、6年生も色をつけたものや風船で作った球状のアイスキャンドルを制作して参加。5年の林依央(いちか)さん(11)と三沢のどかさん(同)は「失敗するか心配だったけど、うまく凍ってよかった」「(ろうそくを入れる部分の)缶を取り出すのが難しくて大変だったけど、すごいきれいで良かった」と話した。

 会場内では温かい豚汁や平谷いもなどが振る舞われ、たき火でマシュマロを焼いたり、コカリナの演奏も。川上金司実行委員長(75)は「昼間に気温が上がり、うまく凍るか心配したが、たくさん集まった。当日にこれほど天候が良い時は過去になく、多くの方に来てもらえてうれしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞