平谷村でアイスキャンドルイベント

地域の話題

[ 2012年 1月 24日 火曜日 9時11分 ]

 平谷村の新しい冬景色を楽しむイベント「アイスキャンドルinひらや2012」が21日夜、道の駅信州平谷向かいの商業スペース「ほっとパークひらや郷」で開かれ、村民や観光客が会場いっぱいに広がった幻想的な光景を楽しんだ。

 寒い気候を生かそう―と2009年に始まった住民参加の手作りイベントで、今冬で4回目。20センチほど雪が積もった会場内の花壇や歩道には、実行委員や村民が用意したアイスキャンドル約700個が飾られた。

 身を切るような寒さの中、村内の子どもと母親によるトーンチャイムの演奏と合唱、点火式に続いて、参加者の手によって火がともされた氷筒は徐々に輝きを増し、集まった人たちは普段とは違う光景に見入ったり、盛んにシャッターを切っていた。

 実行委員会は寒い会場に集まった人たちに暖を取ってもらおうと、村の伝統野菜「平谷いも」で作ったポテトチップや豚汁、栄村の「福幸そば」を振る舞い、喜ばれた。

 スノーボードの帰りに立ち寄った静岡県浜松市の若いカップルは「アイスキャンドルを見たのは初めて。炎が幻想的で美しい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞