平谷村ひまわりの森イルミネーション点灯

地域の話題

[ 2019年 12月 7日 土曜日 14時18分 ]

 平谷村の信州平谷温泉ひまわりの館前で「ひまわりの森イルミネーション」が6日に始まった。来年3月31日までの期間中、午後5~9時に毎日点灯する。

 イルミネーションは、村内の冬の誘客を目的に村観光協会と信州平谷温泉が2009年から続けている。毎年少しずつ規模を拡大しており、ことしは昨年より7000球ほど増やして7万球になった。

 中心となる「ひまわりの森」には村を代表する黄色いヒマワリとともにトナカイやシカの人形も。今年は宿泊施設から温泉の前を流れるせせらぎ水路の両端までと、池の周囲までイルミネーションの範囲が拡大している。

 同日行われた点灯式には、地元の子どもたちや住民、観光客らが訪れた。午後5時半、カウントダウンとともに一斉に点灯。ヒマワリや動物たちのイルミネーションが林立するエリアでは、子どもたちが大はしゃぎで駆け回っていた。

 豚汁の振る舞いや菓子まきなどの催しも行われ、地元の子どもたちを中心に会場はにぎわった。

 村観光協会の西川範明会長(65)は「毎年子どもたちが楽しみにしてくれていて、飽きがこないよう変化をつけながら規模を大きくしている。いずれは国道沿いまでイルミネーションの範囲を広げられれば」と話した。

◎写真説明:7万球のイルミネーション

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞