早くも巨大つらら 阿智村園原の本谷川沿いに

地域の話題

[ 2014年 12月 27日 土曜日 12時20分 ]

 ことしも残りわずかとなったが、ここ数日の厳しい冷え込みで、阿智村智里園の山肌では例年より早く、巨大つららが出現した。「年内にこれほど多いつららを見ることは珍しい」と地元住民は驚いている。

 場所はJA園原店の対岸「にくだな」地籍の本谷川右岸の山肌。横幅20メートルほどの間に大人の腕ほどの太さ、長さは数十センチから2メートルほどが無数垂れ下がっている。

 山からしみでた水が凍りついたものだが、通常は年明けの小寒にかけて見られる。今シーズンの冷え込みは、早くから厳しいようだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞