幻想的な光飛び交う

地域の話題

[ 2020年 6月 22日 月曜日 15時38分 ]

 阿智村上中関の湯川で、連日ホタルが飛び交っている。「湯川のホタルに親しむ会」の中島隆之代表(45)=同村春日=は「今が見頃のピークで、来月中ごろまでは飛ぶ姿が見れるのでは」と話している。

 上中関を流れる湯川周辺には昔から絶えることなくホタルが飛び交っており、阿智村50周年に選定した「未来に残したい阿智村の50選」にも選ばれた。毎年ホタルの季節になると昼神温泉の宿泊客も訪れ、幻想的な光景を楽しんでいる。

 同地区では住民有志がホタルを守ろうと親しむ会を結成し、繁殖用のビオトープを設置してカワニナを飼育するなどの保護活動を続けている。

 中島代表によると、今年は6月1日に数匹が飛んでいるのを初確認。21日夜には50匹以上のホタルが乱舞するのを目撃したという。例年と比べてホタルの数はやや多めだといい、「草刈りの時期をずらしたり環境美化に力を入れたりと地域の人が協力してくれており、良い環境が維持できているのでは」とみている。

 中島代表は「ホタルが寄ってくるからと強い光で照らす人がいるが、ホタルにとっても観賞する人にもよくない。周辺では車や懐中電灯のライトを消し、田んぼや畑のあぜに入らないようにして楽しんでほしい」と呼び掛けている。

◎写真説明:湯川で飛び交うホタル

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞