座光寺水辺の広場でこいのぼり

地域の話題

[ 2011年 5月 9日 月曜日 9時46分 ]

 飯田市座光寺の阿島橋近く、天竜川河川敷の「水辺の広場」では、大小さまざまなこいのぼり100匹余りが、風に乗り雄大に泳ぐ姿を見せ、親子連れなど、訪れた人の目を楽しませている。

 こいのぼりは、「水辺の広場を子どもから大人まで、多くの人が楽しめる憩いの広場にしよう」と、広場の環境整備をはじめ、天竜川の水環境を生かした子どもの環境学習などに取り組む、飯田市座光寺地域自治会・水辺の広場委員会(棚田守委員長)が設置したもの。「地域住民の健やかな成長と幸せを願うとともに、少し殺風景な広場に彩りを加えよう」と、昨年から、同地域内の各家庭に呼び掛け、役目を終えて物置に眠ったままになっていたこいのぼりを集め、再び活躍してもらっている。

 広場を訪れた親子連れらは、あたり一面を泳ぐこいのぼりの下を笑みを浮かべて駆け回りながら、その雄大な姿に見入っていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)